Classic Lab~雪国の暮らしを紡ぐ、研究の日々

毎年3~4mの雪が積もる豪雪地に移住。夫は車で1時間半のこれまた豪雪地で別居、行ったり来たり生活中。雪国の知恵や暮らしのエッセンスを現代に紡ぐエッセイ。田舎暮らし、二拠点生活、古民家再生、地域おこし協力隊、地域の編集、家族とパートナーシップ、子どもといる暮らし。

ほわほわ…… ほわほわ ここ最近の風は ほわほわしている ...

先週、今週と、小学校の運動会を見に行ってきました。 保育士時代に担任していた子どもたちの、小学校生活最後の運動会。 以前はしゃがんで目線の高さを合わせていたけれど、いまとなっては目線の高さがおんなじ。 ...

いよいよ、Classic Labの拠点となる古民家を直しはじめました。 まずはメインスペースになる玄関〜居間が どどーん!と土間に変身中です。     畳をはがし、床板をはがし・・・ 現れたのは 囲炉裏と 囲むようにあ ...

編集者のわたしが見ている世界と、読者のあなたが見ている世界は違う。そのギャップを少しでも埋めるために、どうしたらいい? 地方に暮らしていると、取材され切り取られる側になることもしばしば。そこでは、「こういうふうに、切り取られるのだな」とズレを感じることも ...

3月は卒業の季節。 学校、職場、そのほかいろいろな場所で、別れやひとくぎりの季節ですね。 わたしのまわりでも、卒業していく人がたくさんいました。 先週末は、わたしの暮らす新潟県中越地方を中心にインターン事業を行っている 「にいがたイナカレッジ」 ...

↑このページのトップヘ